グラフィッククロスってなあに?
オーダー壁紙の事を『グラフィッククロス』と呼んでいます。 コンシューマの方にも『グラフィッククロス』のすばらしさを 分かって頂きたく、ブログを開設しました。
プロフィール

(有)K.W.C 代表 君和田 重則

Author:(有)K.W.C 代表 君和田 重則
『グラフィッククロス』施工のパイオニアとして、6年間修行してきました。商業施設等でしか使われる事の無い『グラフィッククロス』を
コンシューマの方にもご紹介したく、日夜悪戦苦闘しています。
会社を設立して3年目、施工だけではなく出力もやって行こうと考えています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフィッククロス施工の難しさ その1
まず、第一に紙であると言う事。
1、水糊を付けると延びる。ワイド方向に5mm程
2、延びた後は乾燥すると縮む。
3、破けやすい。


1、糊を付けた後オープンタイムを5分から15分取ります。(寒い季節ほど長く)
  紙なので当然ですが水分を含むと延びます。実に1タイル5mm程です。
  ここで問題なのは、タイル数の多い場合片側から張り出すと5mmXタイル数分
  延びる事になります。例えば10タイルの場合50mm,
20タイルでは100mmです。問題は、最後のタイルの際にロゴや切れてはまずい
  デザインがある場合やシンメトリーデザインの時です。お分かりですよね。

2、延びたのですから乾燥すると縮みます。
  ジョイントの目開きや端部の隙間が発生します。
  空調が掛かっていると急激に乾燥する為、問題が発生しやすくなります。

3、紙なので破けやすいです。
  糊を付けた後施工する際、慎重に材料を広げないと自分の重さで破れます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kwc.blog54.fc2.com/tb.php/2-624fd9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。